旅メモ ~旅について思うがままに考える~

元鉄道マンの視点から、旅と交通について思うがままに考えたことを紹介します。

あの「お願い」はどうなった!? 星に願いを託して・・・

今週のお題「星に願いを」

 今日は七夕ですね。
 なぜか、七夕の日は天気がよくないことが多いです。今年は特に、「これまでに経験がない豪雨」にも襲われています。私が今年の七夕で星に願いを託するのであれば、

「これ以上被害が出ないように、一分一秒でも早く大雨が終わってほしい」

 ということです。

 

 ところで、もう15年近くも前のお話ですが、仕事で子どもたちに七夕のお願いを書いてもらいました。勤め先の近所にある山から竹をいただいてきて、短冊に書いた「お願い」を飾り付けたものです。

 いまではこのようなことはしなくなってしまいました。
 理由はいろいろとあって、竹が手に入りにくくなってしまったとか、このような季節の行事を取る時間がなくなったとか、七夕自体が宗教的意味合いがあってするべきでないとか・・・まあ、いろいろなんです。
 個人的には世知辛い世の中になったものだと思うのですが。

f:id:norichika583:20180707222635p:plain

 その当時の子どもたちが書いた「願い事」の中に、とても印象的なものがありました。
 それは、とてもなかよしの4人組の子どもたちが書いたもの。

「大人になっても、4人が一緒に笑顔でいられますように」

「ずっと、家族みんなが幸せで笑顔でいられますように」

 というものです。
 子どもといっても、子どもたちなりにいろいろと考えるのでしょう。
 思わず、胸に迫るものがありました。

 

 先日、偶然にも買い物に行った先で、その4人組の1人と会いました。
 アルバイトで働いていたのでしょう、カウンター越しに見た「教え子」はとても忙しそうにしていました。

 でも、社会に出て、一生懸命に仕事をし、活躍する姿を見られるというのは、教えた者としては嬉しい限りです。

 その時、ふと思いました。
 いまも4人は仲良くしているのだろうか?

 

 あのとき書いた「お願い」はどうなったのでしょう?

 

 もしも叶っているのなら、とっても嬉しい話ですし、そうあってほしいと思います。
 とはいえ、先に生きている身としては、教えた子たちが笑顔で幸せに生きていてくれていることが「お願い」になるでしょうね。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。