旅メモ ~旅について思うがままに考える~

元鉄道マンの視点から、旅と交通について思うがままに考えたことを紹介します。

楽ちん料理をしよう・・・が、まさかの展開に!!!

 今日も晴れていましたが、寒かったですね~。1月に比べれば気温も高めですが、やはり2月の寒さは最後の一押し!なのか、体に凍みます(><)
 来週は10℃以上に気温が上がる日もある予報なので、少し期待しています。

 さてさて、今夜の夕飯はカレーライス♪
 となるとつくるのは私の出番!とばかりに、野菜と肉を切って、鍋で炒めた後しっかりと煮込んでいました。
 後はカレーのルーを溶かしてさらに煮込めばお終いです。
 そのカレーのルーを溶かすのが何とも言えぬ作業。すんなり溶けてくれず、仕舞いには腕や肩が痛くなるときも。どうにかして、この作業を簡単に済ますことができないかと考えていたら、

「電子レンジで温めると簡単に溶かすことができる」

 という情報をキャッチし、さっそく試してみることにしました。
 そして、器にカレーのルーを入れて、ラップをして電子レンジで温め開始(^^)
 しばらくすると、カレーの香ばしい臭いが漂ってくるではないです。よしよし、これなら上手くいくかも、と取りあえず一旦キッチンを離れました。

 時間が来て、電子レンジが調理の終わりを知らせる音を鳴らしたので、再びキッチンに行ってみると・・・

「ん???なんか変だ。カレーの臭いではなく、ちょっと焦げ臭い(゜∀゜)」

 電子レンジのドアを開けると、その焦げた臭いは強烈に私を襲ってきました。
 そして、先ほど電子レンジに入れた器のラップは熱で溶けて、中から湯気ではなく煙を吐き出してきています。

「うわぁちゃー!!!Σ( ̄□ ̄;)」

 カレーのルーは、解けるどころか水分を失い完全に焦がされてしまい、地球上の物とは思えない、何か別の生命体のような姿に変貌していました(; ̄O ̄)

「な、なぜだー!!!」

 思わず叫んでいると、それまでリビングで昼寝をしていた妻がやって来て、

「どうしたの?」
「カレーが焦げた!電子レンジで溶かそうとしたののに~」
「それ、お水入れた?」
「え?(・_・)」

 そうです。私は、カレーのルーに水を加えず、そのまま放り込んで温めてしまったのです。理系の、それも電気を専門にする私なら、考えも及びそうな当たり前のことを忘れ、ただただ楽に料理をしようと目論んだ果ての大失態!

 はい。楽をしようと、ものぐさをした私が悪かったです(TT)

 かくして、私のものぐさ料理の目論見は、大量のお焦げをつくり、カレーのルーをムダにしてしまった前に、敢えなく吹き飛んでしまいました。

 教訓、「水分のないものを電子レンジに放り込んで温めると、ただのお焦げをつくるばかりか、火災の危険もある」ということでした。
 そして、その後、残ったのはカレーのルーが入っていた大量のプラケースと、謎の物体と化したカレーのルーの残骸。さらに、焦げた臭いはキッチンだけにとどまらず、3階他での我が家全体に広がって、なかなか臭いが消えずにいました( ̄∇ ̄)