旅メモ ~旅について思うがままに考える~

元鉄道マンの視点から、旅と交通について思うがままに考えたことを紹介します。

貨車の色にも「意味」があった【9】 トリはコキ車 それは見た目で区別がつきにくいから 

《前回のつづきから》 トリはコキ車 それは見た目で区別がつきにくいから 長々と貨車の色に込められた「意味」についてお話してきましたが、最後のトリは今日の鉄道貨物の主役でもあるコンテナ車についてお話したいと思います。 コンテナ車はいうまでもなく…

貨車の色にも「意味」があった【7】 高圧ガス用のタンク車の色は法律で指定

《前回のつづきから》 高圧ガス用のタンク車の色は法律で指定 同じタンク車でも、運ぶものによって随分と形が違います。もっとも多く見かけるのはガソリンや石油類を運ぶタンク車でしょう。他にも生活などに欠かすことのできない燃料としてはガスがあります。…

貨車の色にも「意味」があった【6】 百花繚乱のタンク車も色には意味がある 

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 百花繚乱のタンク車も色には意味がある 貨車の塗装と一言でいっても、枚挙に暇がありません。 それもそのはずで、貨車は様々な形態のものがあり、そして国鉄だけではなく貨物輸送を利用する企業が所有する…

貨車の色にも「意味」があった【5】 今も走り続けている赤ホキ

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 今も走り続けている赤ホキ ホッパ車と一口に言っても、運ぶ物資によって様々な形がああり、その分だけ形式も数多くありました。前回ご紹介したクリーム色4号のホキ2200は穀物類のばら積み輸送専用のホッパ…

貨車の色にも「意味」があった【4】 穀物専用のホキも最初は黒色だったが・・・

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 穀物専用のホキも最初は黒色だったが・・・ 数ある国鉄貨車の中でも、冷蔵者と並んで一際異彩を放っていたと思えるのが、穀物のバラ積み輸送用のホッパ車・ホキ2200でした。 穀物のバラ積みは比較的歴史が浅…

貨車の色にも「意味」があった【3】 民営化後に生き残ったワム80000

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 民営化後に生き残ったワム80000 ワム80000の塗装のお話は、まだまだ続きます。 汎用性が高く、パレット荷役に特化した有蓋車であるワム80000は、国鉄史上最大の28,606両が製造されて一大勢力を築き上げま…

貨車の色にも「意味」があった【2】有蓋車・ワム80000の場合

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 最大勢力を誇った有蓋車・ワム80000の場合 鉄道の貨物輸送は、いまやコンテナが主流になりました。そのコンテナも、基本は屋根がある構造のドライコンテナで、次いでベンチレータがある通風コンテナでしょ…

貨車の色にも「意味」があった【1】冷蔵車の場合

いつも拙筆のブログをお読みいただき、ありがとうございます。 いまや鉄道車両はカラフルになった・・・かと思いきや、ステンレス鋼やアルミ合金が車体素材の主流となったため、無塗装で素材の色そのまま、ギラギラと光る車両が多くなりました。車両の軽量化…

この1枚から 新鶴見に「パーイチ」がいた頃【3】

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info 1985年のダイヤ改正で、EF81 58号機は新製配置以来過ごしてきた酒田機関区から、新潟の長岡運転所に配置転換されました。前年の1984年のダイヤ改正、いわゆる「ゴー・キュウ・ニ」では、貨物輸送の体系を…

この1枚から 新鶴見に「パーイチ」がいた頃【2】

《前回のつづきから》 blog.railroad-traveler.info JR貨物から常磐線関連の貨物列車を委託されたJR東日本は、田端運転所に配置されているEF81を用いて、一部の貨物列車の運転を担いました。つまり、機関車とそれに乗務する機関士はJR東日本、列車はJR貨物と…